HOME of 物流樹脂パレット販売の決定版

琉球銀行~海外進出企業向けサポート事業で日通と業務提携

平成24年12月19日

日本通運株式会社との国際業務に関する業務提携について

株 式 会 社
琉 球 銀 行

総合企画部長
髙 良 幸 明
琉球銀行(頭取 金城棟啓)と日本通運株式会社福岡支店(九州ブロック地域総括兼福岡支店長 田淵秀明)は、このたびお客様の海外ビジネスを「金融」と「物流」の両面からサポートするために、業務提携を行いました。
日本通運は37カ国216都市407拠点(2012年9月末時点)に展開するグローバルネットワークを駆使して、多様化する物流ニーズにお応えする輸送サービスを提供している日本最大手の総合物流企業です。

今回の業務提携の目的は両社の相互連携を強化し、お客様が輸出入する際の「通関業務」、「小口貨物の混載」、「海外での倉庫保管」など物流サービスに関する情報の提供や、「海外への送金」、「輸入信用状の開設」、「スタンドバイL/C」など金融サービスに関する情報の提供を通じて、お客様の海外ビジネスの振興に寄与する事にあります。

当行では、今後も沖縄県内のお客様の海外ビジネス支援を図り、地域社会の発展に寄与してまいります。

1. 業務提携先

日本通運株式会社 福岡支店

2. 提携内容

(1)
海外ビジネスを展開するお客さまに対するノウハウの相互提供


物流業務全般及び関連事業に関するノウハウの提供


金融サービスに関するノウハウの提供


その他海外ビジネスにおける各種サポート・商品等に関するノウハウの提供

(2)
海外投資環境等に関する情報交換

(3)
海外投資等に関するセミナーの共同開催

(4)
その他グローバルに展開されるビジネスに係る情報交換及び連携

詳細=>http://www.ryugin.co.jp/news/2012/20121219.pdf

以 上

(お問い合わせ)コンサルティング営業部 臼井  098-860-3454

新造船SITC HOCHIMINH就航 記念式典を開催
2012年12月11日午前、SITC International Holdings(以下SITC Intl)は、中国舟山で
揚帆集団(YangFan Group)から新造船”SITC HOCHIMINH”号の引き渡しを受け、就航式典を
行いました。

当本船は、今年YangFan Groupで建造するエコ型コンテナ船舶のシリーズ第7隻目になります。同シリーズは、
SITC Intl独自の構想でデザインされ、最新型のエンジンとバラスト水処理システムを搭載し、従来のタイプに比べ、
運航速度の向上と低燃費を同時に実現しております。(積載能力は1,100TEU型)
尚、当本船は、今年SITC Intlがデリバリーを受けました本船の第11隻目となります。

当本船は、今後「渤海湾 – 日本関東 – 連雲港、青島」航路への投入を予定しており、当社のアジア域内における
輸送品質の更なる向上を図ってまいります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メイジエは豊富な国際物流ネットワークを駆使して世界中のお客様へ最適な樹脂パレットの提案を行っております。