HOME of 物流樹脂パレット販売の決定版

気仙沼で水産冷蔵関連施設を施工 ― 宮城県の水産加工品の拠点づくり ―

三井住友建設株式会社(東京都中央区佃二丁目1番6号 社長 新井 英雄)が施工した、気仙沼鹿折加工協同組合(宮城県気仙沼市錦町二丁目31 理事長 川村 賢壽)発注の組合事務所が完成し、5月27日に落成式が行われました。8月には冷蔵倉庫や海水処理施設が完成する予定です。

落成式には村井嘉浩宮城県知事をはじめ、菅原茂気仙沼市長やこの事業を支援している住友商事 中村邦晴社長、三井物産 槍田松瑩取締役および当社からは会長の則久芳行が出席し、復興への一助にという皆の思いが結集したこの施設の完成を喜びました。

気仙沼鹿折加工協同組合は、東日本大震災で被災した気仙沼市の水産加工業者19社の共同事業で、水産関連への投資としては被災地では最大級であり、組合参加各社が結集することで個々の負担を軽減し競争力を強化するものです。これから完成をむかえる冷蔵倉庫や海水処理施設は共同で利用する以外にも気仙沼ブランドの水産加工品のPRや商談の場として使用されます。


Sorry, the comment form is closed at this time.

メイジエは豊富な国際物流ネットワークを駆使して世界中のお客様へ最適な樹脂パレットの提案を行っております。